フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
そのフケは脂漏性皮膚炎かも?

脂漏性皮膚炎とカビは深い関りがあります。なぜなら、カビが原因で脂漏性皮膚炎が発症してしまうこともあるからです。脂漏性皮膚炎とカビの関連についてみていきましょう。

脂漏性皮膚炎とカビとの関連

脂漏性皮膚炎は慢性化や再発が多い頭皮や顔の皮膚疾患

マラセチアというカビのイメージ脂漏性皮膚炎は、かゆみをともなって赤くなり、皮膚が荒れてかさかさになり、剥がれてくる場合もあります。
頭にできた場合には、皮膚が剥がれてフケと勘違いしてしまう人も多く、そのまま放っておくと皮脂が酸化されて加齢臭のようなにおいが発生してしまいます。
あかちゃんが発症する理由は、皮脂の分泌が盛んで毛穴が未発達なため、分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすいことで起こります。

一方、成人がなる理由は、マラセチアといいうカビが関連し皮脂が多い環境下で異常増殖すると代謝物が肌に炎症を引き起こしてしまいます。
マラセチアが皮脂や汗の多い環境を好むため、皮脂分泌が多い場合脂漏性皮膚炎が起こりやすくなってしまいます。
また、男性の方が多い疾患ですが、女性ホルモンの乱れによって女性でも珍しくなくストレスやビタミンBの不足や生活習慣の乱れなどの影響でも起こると考えられています。

脂漏性皮膚炎のケアは、早期に病院を

成人の脂漏性皮膚炎のケアは、できるだけ早期に病院を受診することが望ましく重症化して初めて治そうと思っても慢性化して再発を繰り返すことも多いため、医師に相談し適切なケアを行うことが大事です。
炎症を抑えるためにはマラセチアの増殖を抑えるための抗真菌薬とステロイド外用薬が基本となります。
かゆみが強い場合には抗ヒスタミン剤やビタミン剤を適宜使用していきます。
薬のケアと並行してセルフケアも重要となります。
皮脂の過剰分泌によって起こる疾患なので、とにかく皮膚の清潔を心がけて毎日優しく洗うことが大事です。
また、ビタミンB群を取り入れ、バランスのよい食生活を心がけ規則正しい生活と十分な睡眠をとるようにすることで免疫力も向上し体の内側からもケアすることができます。

季節の変わり目や乾燥する季節になると皮脂量が増えてベタベタするという人も多いかもしれませんが、フケが増えたり赤みのあるポツポツが知らないうちにできてしまうといった症状が現れた場合は脂漏性皮膚炎かもしれません。
皮脂量の多い男性に多い疾患ですが、女性では妊娠・出産で体質が変わったことで発症することも多く、放置していても自然治癒することはないので気をつけることが必要です。
思春期以降の皮脂分泌量が増える頃に発症しやすく中年以降も加齢とともに皮脂量が多くなりがちなため、症状が増す場合があります。
自分でケアし症状を悪化させる場合もあるので、皮膚科専門医への受診が大切です。