フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
そのフケは脂漏性皮膚炎かも?

脂漏性皮膚炎になってしまった場合、重軽度問わず、フケが多く出てしまうという症状がみられることが多いのが特徴です。なぜ、脂漏性皮膚炎になるとフケが大量に出てしまうのか見ていきましょう。

脂漏性皮膚炎とフケの関連

人に不潔なイメージを与えてしまう「フケ」

遊離脂肪酸が生成し、肌に炎症を起こしているマラセチア真菌のイメージ画像
しかし、フケは必ずしも不潔さが原因で現れる症状ではありません。
フケの症状とともに、頭皮に強いかゆみや炎症がみられる場合は、「脂漏性皮膚炎」と呼ばれる皮膚疾患が原因である可能性もあります。
脂漏性皮膚炎の症状を引き起こすカビの1種であるマラセチア真菌は、皮膚常在菌の1つです。
このマラセチア真菌には皮膚表面の皮脂を分解し、肌に刺激を与える遊離脂肪酸を生成する働きがあります。
この遊離脂肪酸が生成されることによって、肌に刺激が加わり頭皮に炎症が起こってしまいます。
これが、脂漏性皮膚炎の正体です。
そもそも皮膚は新陳代謝に伴って、角質が剥がれ落ちることにより古い角質が排出できるような作りになっています。
通常であれば剥がれ落ちる角質が目に見えることは少ないのですが、マラセチア真菌が頭皮にある皮脂を分解して遊離脂肪酸を生成してしまうと、肌にダメージが加わってしまうため角質が目に見える大きさとなって剥がれ落ちてしまうのです。
また、マラセチア真菌は皮膚常在菌の1種であり誰の肌にも常在していますが、皮脂の分泌量が多い場合や頭皮が清潔に保たれていないと頭皮の上で皮脂を餌に菌が増殖し脂漏性皮膚炎の症状を引き起こしてしまうことになります。

フケが大量に出るのは、脂漏性皮膚炎の代表的な症状

フケのほかにも頭皮に強いかゆみがある場合や、鼻の脇や耳の後ろなどにも炎症がみられ皮膚がぽろぽろと剥がれ落ちる症状がみられる場合は、脂漏性皮膚炎が発症している可能性が高いといえるでしょう。
脂漏性皮膚炎により頭皮の炎症とかゆみが長期化してしまった場合、頭皮を掻いてしまうことによって弱った皮膚が傷つき、かさぶたになってしまうこともあります。
皮膚を再生させる働きを持つかさぶたは、自然に剥がれ落ちると皮膚は再生され頭皮も健康な状態に戻ることができます。
しかし、一筋縄ではいかないのが脂漏性皮膚炎です。

原因菌がカビ菌の1種であるため、人の肌が持つ免疫力によって自然に治癒することが難しくなっています。
また頭皮に強いかゆみが伴うために、できてしまったかさぶたを掻き壊してしまい自然に剥がれ落ちる前にフケが生成され、また新たにかさぶたができてしまうといった負の連鎖に陥ってしまいます。
脂漏性皮膚炎は、症状が悪化していくにつれてフケの量が多くなってしまいやすいことも特徴です。