フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
そのフケは脂漏性皮膚炎かも?

脂漏性皮膚炎と頭皮湿疹は区別がつきにくいですが、全くの別物と考えたほうがいいでしょう。ですが、このふたつには関連性は強くあります。どのような違いや関連性があるのか見ていきましょう。

脂漏性皮膚炎と頭皮湿疹の関連と影響や違い

脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹は皮脂のたまりやすい部位に発症

外の菌か身を守っている皮膚皮膚は、表面に存在する常在菌とのバランスを保ちながら適度な潤いと外敵から身を守るための防御をおこなっています。
しかし、その有用な皮脂も多く出すぎていたり出てきた皮脂をうまく処理しきれないでいるとみずみずしさを通り越して、皮膚表面に赤みや湿疹、皮むけといった症状が現れ始めます。
処理能力が追いつかなくなっている場合は何らかのケアが必要になります。

皮脂のたまりやすい部位とは

汗をかいている女性皮脂のたまりやすい部位としては、頭皮、顔面、脇の下、鼠径部などになります。
頭皮は髪の毛によって覆われていることで熱をこもらせムレを起こして、あせも状の湿疹を作ります。
多くは雑菌が悪さしてる状態ですので僅かの湿疹の状態であれば、初期のケアをおこなうことで時間の経過とともに消えていきます。
しかし、この頭皮湿疹をこじらせてしまうと脂漏性皮膚炎に移行する可能性もあります。
更には尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎といった皮脂の分泌量に関係なく、体全体に別の疾患を引き起こすといったことにもなりかねません。

皮膚表面に見られる症状は外傷などを除き、体内の変調が表面化しているものととらえられます。
よって、もし別の皮膚疾患に移行した場合は体調との関連性を見極めながらケアしていくことが大切になります。
表面的なケアを繰り返していても埒があかない場合もあり、かえってこじらせてしまいます。
脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹のケアは何よりも清潔さを維持することにあります。
皮膚トラブルを起こしているのならば肌質としてはデリケートな部類になります。

刺激の少ない洗浄を心がける

生活環境を整えるためのオイルスキンケアと帽子の見合わせまた、洗浄することによって皮脂を取り除きすぎてしまうこともありますのでオイル系の弱めのスキンケアを施しておきます。
通気性という面では、帽子の着用を見合わせる、温度、湿度に配慮した生活環境を整えることなども必要です。

ただ現れている赤みが、どの疾患に該当するのかについては素人では判断が難しいところになります。
必ず医師の診断を仰いだ上でケアを進めていきます。
菌やウィルスが影響している皮膚疾患も多くありますので、赤みを引かせることばかりに目を奪われることなく適切な薬の処方を受ける必要があります。
皮膚は体を守る大切な臓器のひとつです。
常に良好な状態を保つことを心がけておく必要があります。