フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
フケに効くおすすめのシャンプー

フケと抜け毛にケトコナゾールが効くというのはもうご存知だと思います。ニゾラールシャンプーはそのケトコナゾールが配合されたシャンプーなのでフケや抜け毛の改善に力を発揮してくれます。

フケと抜け毛にニゾラールシャンプーが効く

フケや抜け毛にはニゾラールシャンプーが効果的

普段は菌を退治してくれるマラセチア菌は増殖すると皮膚炎の原因になる
ニゾラールシャンプーとは、マラセチア菌の増殖を抑えるケトコナゾールが配合された医薬品シャンプーのことをいいます。
ざっくりいうと、マラセチア菌が増えすぎると脂性のフケや抜け毛の原因につながるので、それを抑えようというものです。
マラセチア菌は真菌(カビ)の一種で、すべての人間の頭皮に存在します。
普段は他の悪い菌を食べて頭皮の状態を整えてくれる良い菌ですが、餌となる皮脂や汗が大量に分泌している環境では必要以上に増殖します。
通常、マラセチア菌はリパーゼという酵素によって皮脂を遊離脂肪酸に分解します。
このときにマラセチア菌が増殖した状態だと遊離脂肪酸が過剰に生成されて頭皮への刺激となり、脂漏性皮膚炎の原因になってしまうのです。
脂漏性皮膚炎になると大きいフケが出てきたり、頭皮に赤みやかゆみが出てきたりします。
さらに症状が進んでいくと、毛穴に詰まった皮脂やマラセチア菌が炎症を起こして抜け毛を起こしてしまいます。
脂漏性皮膚炎を防ぐにはマラセチア菌の餌になる皮脂を抑える必要があります。
脂っこい食事を控えたり、ワックスを使ったらその日のうちに洗い流したりするのが有効でしょう。
しかし、これだけでは脂漏性皮膚炎を完全に防ぐのは難しいですし既に脂漏性皮膚炎になっている場合はマラセチア菌が増殖しやすい環境になっています。

ニゾラールシャンプーはマラセチア菌の増殖を抑える

ニゾーラルシャンプーは週2~3回、1か月間だけ使う。
ニゾラールシャンプーに含まれるケトコナゾールにはマラセチア菌の細胞膜であるエルゴステロールの合成を阻害する作用があります。
細胞膜が作られなければ細胞分裂を行うことができないため、常在菌を残したまま増殖を抑えることが可能になるのです。
ただし、ニゾラールシャンプーを高頻度で使用してはいけません。
毎日のようにニゾラールシャンプーを使用するとマラセチア菌が繁殖しなくなり、必要以上に菌が減ってしまいます。
マラセチア菌を減らしすぎたことによって別の頭皮トラブルが起こる可能性もあるので注意が必要です。
ニゾラールシャンプーは週に2~3回、1カ月間のみ使用することをすすめられているので、そのペースを目安に使用するのがいいでしょう。
頭皮にただれがある場合には悪化する恐れがあるので使用を控えてください。