フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
フケに効くおすすめのシャンプー

ニゾラールシャンプーは市販のシャンプーと大きな違いがあります。その違いがフケや髪の毛に良い効果をもたらします。ニゾラールシャンプーと市販のシャンプーの違いを見ていきましょう。

市販のシャンプーとニゾラールシャンプーの違い

シャンプーでのフケや抜け毛の改善

頭皮のトラブルの代表としてフケや抜け毛があります。
これらのトラブルの大きな原因は、頭皮の乾燥です。
地肌のターンオーバーが通常よりも早いため、古い角質細胞が余計に剥がれてしまうのです。
この場合の対策としては、空気の乾燥から地肌を保護することがポイントです。
また、冬などの季節による乾燥にも十分に注意するようにしましょう。
また、次に大きな原因としてはオイリー肌の男性などに多い皮脂性頭皮です。
このタイプの場合、マラセチア菌の活動により地肌のターンオーバーが乱れてしまい痒みを伴うこともあります。
この場合の対策としてはできるだけ頭皮を清潔にすることが大事になります。
ワックスやジェルなどの整髪料も控えるようにしましょう。
それ以外の原因ではアトピー性皮膚炎や食生活の乱れ、ストレスなどが起因することもあります。
いずれのフケや抜け毛も頭皮のターンオーバーが正常にできなくなるのが要因です。
そもそもフケとは、「頭に生じた垢(あか)」や「死んだ頭皮や角質」のことです。
日本人に多い地肌トラブルの一つであり、男性の約8割がフケのトラブルを経験したことがあるともいわれています。
また、抜け毛にも心配のない抜け毛とそうでない抜け毛があるので注意しましょう。
1日に約50から60本抜けるのは正常といわれており、初夏から秋にかけては季節的に抜けやすい時期ですので、あまり心配はいらないでしょう。
しかし、フケの増加や頭皮のベタつきなどによって抜け毛が急に増える場合は注意が必要です。

フケや抜け毛の自宅治療には市販シャンプーではなく、医薬品シャンプー

皮脂性頭皮のタイプの方にオススメの医薬品「ニゾラールシャンプー」
特に皮脂性頭皮のタイプの方にオススメなのが医薬品の「ニゾラールシャンプー」
市販のシャンプーとニゾラールシャンプーとの最大の違いは、アゾール系の抗真菌薬である医薬品の「ケトコナゾール」が配合されていることです。
このケトコナゾールにより、皮脂性頭皮のフケの原因であるマラセチア菌の増殖を防ぐことができます。
また、ケトコナゾールの成分には育毛の効果もあるといわれていますので薄毛に悩む男性にも嬉しいですよね。
ただし、このケトコナゾールは妊娠中の使用の安全性に関してはまだ確立されていませんので妊婦の方は使用を控えましょう。
これまで市販のシャンプーを使用してもフケや抜け毛のトラブルがなかなか治らなかった方は、是非ニゾラールシャンプーを普段のスカルプケアに取り入れてみてくださいね。