フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
フケに効くおすすめのシャンプー

ニゾラールクリームは脂漏性皮膚炎に高い効果を発揮します。また関連の症状であるフケやカビが原因で引き起こされた症状などにも効果があります。ニゾラールクリームについてみていきましょう。

脂漏性皮膚炎にニゾラールクリームが効く

脂漏性皮膚炎の代表的な治療薬「ニゾラールクリーム」

マラセチア真菌が皮脂を分解して炎症を起こす
脂漏性皮膚炎は頭皮や顔などに好発し、炎症と共に強いかゆみが現れる皮膚疾患の一種です。
脂漏性皮膚炎の症状が頭皮に現れた場合、フケの生成が活発化しやすいことも特徴です。
フケには不潔なイメージが付きまとってしまうため、悩む方も多く、早めに対処したいところです。
今回は、ニゾラールクリームが脂漏性皮膚炎に対して効果を発揮するメカニズムについてお話ししていきます。
脂漏性皮膚炎が発症する原因には「マラセチア真菌」が関係しています。
マラセチア真菌とは、カビ菌の一種であり、人間の皮膚に常在する菌でもあります。
脂漏性皮膚炎は、マラセチア真菌が皮膚表面の皮脂を分解して、遊離脂肪酸が生成されることによって、皮膚に刺激が加わり、現れる炎症のことを指します。
脂漏性皮膚炎の症状を抑えるためには、原因菌になるマラセチア真菌の数を減らすことが重要になります。
しかし、マラセチア真菌はカビ菌であるため、性質上、人間の皮膚免疫力だけで数を抑制することは難しいことがいえます。

脂漏性皮膚炎に有効な抗菌剤「ニゾラールクリーム」

ニゾラールクリームはイミダゾール系の抗真菌剤であり、脂漏性皮膚炎の原因になるマラセチア真菌を殺す働きがあります。
脂漏性皮膚炎と同じくカビ菌が原因で発症する水虫やガンジタの治療にも用いられます。
脂漏性皮膚炎の代表的な治療薬として、幅広く使用されている理由は脂漏性皮膚炎が慢性化しやすい皮膚疾患であることと関係があります。
脂漏性皮膚炎の症状を短期間で抑えることに最も有効なのはステロイド剤であるといわれています。
しかし、ステロイド剤は強力な薬剤であるため肌に悪影響及ぼすこともあり、使用を続けることが難しいというデメリットもあります。
このようなデメリットにより脂漏性皮膚炎が慢性化してしまった場合、長期的にステロイド剤の使用を続けることには危険性が高いのです。
そこで、再発しやすい脂漏性皮膚炎の治療に使用されるようになったのがニゾラールクリームです。
ステロイド剤のような即効性はありませんが、約1カ月間、1日2回の患部への塗布で多くの人に炎症による紅斑、かゆみ、フケの減少に効果がみられます。
炎症が抑えられることによりフケを減少させ、頭皮の環境を正常に保つことができるようになるため抜け毛などのトラブルも改善されるでしょう。
ただし、皮膚に重篤な影響を与える副作用はありませんが人によってはかぶれなどの症状が現れてしまうこともあります。

脂漏性皮膚炎に効くニゾラールクリーム