フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
どうしてフケになるの?

頭皮の乾燥が原因でフケが出てしまうこともあります。頭皮の乾燥がフケの原因であるという場合は、フケへの対処だけでなく、頭皮の乾燥の改善が必要になる可能性があります。

フケの原因の頭皮の乾燥について

髪の毛や肩に落ちたりして、汚い印象を与えるフケ

清潔感を出すために少しでもフケを減らしたいですよね。
頭皮や髪の毛を清潔にすればフケを少なくできると考え、頭をしっかり洗っている人もいるでしょう。
しかし、それでもフケが大量に出てしまうことも少なくありません。
なぜそのような状況になるのかというとフケが発生する原因はさまざまあるからです。
フケ対策をする場合は発生する原因を抑える必要があるため、フケの発生原因が頭皮や髪の毛の汚れでなければ頭をしっかり洗っても改善することはありません。
フケの原因の一つに頭皮の乾燥があります。
冬の寒い時期になるとカサカサしたフケが出ますが、これは頭皮の乾燥によるものです。
なぜ、頭皮が乾燥することによってフケが出るのかというと頭皮が外部からのダメージを受けやすくなってしまうからです。

通常頭皮は皮脂によって保護されています。

しかし、頭皮が乾燥した状態になると皮脂の量を正常に保つことができません。
頭皮の皮脂の量が少なくなると外部からの刺激によって角質層の受けるダメージも大きくなってしまいます。
皮膚は通常一定期間ごとに細胞が入れ替わり、古い細胞は剥がれ落ちてフケになります。
しかし、角質層の受けるダメージが大きいと本来は剥がれ落ちない細胞まで一緒に剥がれ落ちてしまいます。
それによって、頭皮の細胞の入れ替わるサイクルが乱れてしまいフケが出やすくなるのです。
頭皮が乾燥して皮脂が少ない状態になると抗菌がうまくできなくなって肌が荒れやすくなるのもフケが出る原因の一つにあげられます。
また、フケの原因になる頭皮の乾燥はなぜ起こるのかというと肌に潜んでいる常在菌の活動が活発になってしまうからです。
常在菌とは本来皮膚を正常な状態に維持するため、抗菌活動をしてくれるものです。
しかし、この菌は皮脂を栄養にしているので活動が活発になると皮脂の量が少なくなってしまいます。
そして、夜だけでなく朝もシャワーを浴びる人がいますがシャンプーで髪を洗いすぎると頭皮が乾燥する原因になります。
シャンプーで洗いすぎてしまうと頭皮を保護するために必要な皮脂まで洗い落してしまうからです。
さらに紫外線をたくさん受けると頭皮が乾燥してしまいます。
紫外線を受ける皮膚
頭皮に紫外線を受けると角化細胞や色素細胞が損傷してしまい、正常に細胞が作られなくなってしまうため頭皮が荒れて乾燥してしまうのです。