フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
どうしてフケになるの?

頭皮の脂とフケもまた密接な関係があります。頭皮の脂や汗が多いというだけで悩みのひとつになると思いますが、それにより新たにフケの悩みも生み出してしまうかもしれません。

フケの原因の頭皮の脂について

フケが出る場合、頭皮が乾燥していると考える人は多い

フケと頭皮の脂はあまり結び付けて考えられることがないためフケが出たときに頭皮の乾燥を防ぐ対策は行っても脂っこさを解消することまでは頭が回らないものです。
乾燥によるフケと脂からくるフケでは、フケの大きさや質感が異なります
乾燥によるフケはパサパサしていてフケそのものも小さめなのに対してより湿った大きいフケの場合は脂が原因になっているフケだと考えられます。
フケを解消するためにはまずこうしたフケの性質を見極めることが大切です。
そのうえで、それぞれにしっかりとした対策をしなければなりません。
その中でも脂からくるフケの場合、その多くが頭の洗いすぎに原因があると考えられます。
頭皮の脂は確かにその分泌量が多すぎると頭や髪の毛にとって害をなすものになってしまいますが、脂がすっかりなくなってしまう状態も頭皮にとっては良くありません

フケは頭皮のバリアー機能が衰えることで発生

髪を洗いすぎている女性
バリアー機能は頭皮を構成している角質層がしっかりと育つことで保たれていますが、何らかの原因で角質層が育たないまま頭皮のターンオーバーが行われると未熟な角質層が乾いたり剥がれたりしてフケになってしまいます。
そして、角質層が乾いたり剥がれたりする状態を何とか補うために頭皮はより皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。
そうすることで頭皮をフケから守り、弱ったバリアー機能を強くしようとしているのです。
これが頭皮に脂が多くなってしまう原因であり、ひいてはフケが発生してしまう主因なのです。
こうした角質層の剥がれは、頭の洗いすぎで引き起こされるケースが多くあります。
頭皮が脂っこいからと頭を念入りに洗うと、かえって頭皮にとって必要な皮脂までも洗浄してしまいかねません。
それが皮脂の分泌の状態を非常に不安定にしてしまう原因になり、フケを発生させてしまうのです。
頭を丁寧に洗うことは確かに重要ですが、脂からくるフケを防止するためにはくれぐれも洗いすぎには注意しなければならないでしょう。
たとえば、朝と夜の両方ともで髪の毛を洗うというような洗い方は確かに頭を清潔に保つことはできるかもしれませんが、その分頭皮の脂を除去しすぎてしまう危険性も考えられます。
そうなるとフケの原因にもなりかねないので、洗いすぎをしないように適度に洗髪をするように心がけましょう。