フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
フケにならないための対策をしよう

フケやそれに対する対策はその人の体質によっても変わりますが、大きく、男女や大人か子供かでも分けることができます。タイプ別に対策の仕方や気をつけるべきポイントなどを見ていきましょう。

フケの性別や年代などのタイプ別の対策

髪や頭皮のトラブルで特に多いものにフケがあげられます。
髪や肩に白いものが目立つとどうしても不潔な印象になってしまいますので、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
こうした悩みは男性、女性ともにありますし、大人だけではなく子供にも多い頭皮トラブルです。

まず、子供の場合の対策としては、髪がきちんと洗えていない可能性がありますので洗髪の指導はしっかり行ってあげましょう。
洗髪が足りないのであれば丁寧に洗うこと、シャンプーをしっかり洗い流すことで改善できることがでいます。
そして、頭皮に何等かの皮膚トラブルがある場合はそれを治すことが大事ですので、頭皮に湿疹や赤味がある場合は医療機関の診察を受けてみましょう。

大人は清潔にしていてもフケが多いと悩む人が多い

シャンプーで綺麗にしてもフケに悩まされていることを説明している男性

ですが、女性の場合は頭皮が乾燥していることも少なくありません。
乾燥性のフケは細かくサラサラしていますし、脂症の場合は大きめでべたついているのが特徴です。
まずは、自分がどちらのタイプなのかをよく確認しておきましょう。

乾燥性の場合は洗いすぎ、シャンプー剤の洗浄力が強すぎるということがあげられます。
より穏やかな洗浄効果のシャンプーで洗い、シャンプーの成分が残らないようにしっかり洗い流しておきましょう。
そして洗髪後は頭皮ローション、オイルなどで保湿を行うこともおすすめです。
髪を乾かすのにはドライヤーも役立ちますが、あまりに長時間かけることは頭皮の乾燥を進行させてしまうことになります。
フケが多く出ている場合は頭皮の状態はあまり良いとは言えませんので、パーマやカラーなども控えておくことが無難です。

男性の場合も乾燥していることもありますが、過剰な皮脂が影響していることが多くなっています。
脂症の場合は、まずはしっかり汚れを落とすことが大事ですので洗髪は丁寧に行いましょう。
かゆみがあるときも爪を立てて洗うなどは逆効果ですので、頭皮を傷つけないよう指の腹で丁寧に洗っておきます。
リンスやトリートメントは短髪の人は使わないことも多いですが、頭皮に残ってしまうとこちらもフケが出やすくなりますので、しっかり洗い流しておきましょう。
さらに頭皮の皮脂が多い人の場合は頭皮湿疹になりやすくなっていますので、湿疹がある場合はそれを治療することも大事です。
塗り薬をつけたり、殺菌効果のあるシャンプーを使うことも改善に役立ちます。
そして食事の影響で皮脂が多く出ていることもありますので食生活についても見直してみてはいかがでしょうか。