フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
フケにならないための対策をしよう

子供はフケがとても出やすいと言われています。子供は汗をかきやすく、お風呂できちんと洗うという感覚も希薄だからかもしれません。子供のフケの対策についてみていきましょう。

子供に多いフケのタイプの対策

子供たちはフケが多く発生しやすい

皮膚炎にかかってしまった赤ちゃんとなりやすい中学生の男の子たち

フケが多く発生しやすい時期として、赤ちゃんの幼少期や思春期の中学生などは、フケが多く発生しやすく、臭いなどもしやすい時期です。
特に幼少期の赤ちゃんは、皮膚などまだ弱く汚れや汗などを多くかいてしまい、皮膚病や感染症などになってしまうので注意が必要です。
幼少期の赤ちゃんのフケ対策としては、毎日の入浴はかかさずにすることがまずはお勧めです。
お昼寝などした際も多く汗もかきますし、また自分でまだコントロール機能も働いていないため、より汗もかきやすく汚れもたまわりやすいので毎日入浴させ汗を優しく洗い流してあげることが大切になります。

その際は、子供用の弱酸性の石鹸などを使用し強くこすらずに優しくこすりながら汚れを落とす必要があります。
まだ皮膚も弱い為、大人用のシャンプーなどを使用してしまうと皮膚が負けてしまい逆に悪化してしまうこともあるので石鹸選びは気を付けながらして下さい。

洗い残しがないようにしっかりと洗い流す

洗った石鹸などが残っていると、ころも皮膚病になる可能性もあります。
また、部屋の中も乾燥しがちになると頭皮が痒くなりフケにも繋がるので加湿器など特に冬場などは注意して生活をしましょう。

次に思春期の中学生についてですが、思春期はホルモンバランスも活発化しており子供から成人に向けて身体も変化がしてくる時期です。
その為、頭皮もフケが発生しやすく痒みなどもおこります。
特に体毛なども変化してくるので髪質なども変わりやすく、皮膚も変わってきます。
幼少期と同様毎日清潔に保てるように維持する必要があります。
体力が付いてくる分運動もするので新陳代謝も良く汗もかきやすい時期ですから、体臭なども発生しやすい時期で汚れも多く付きます。
可能な限り入浴することは重要です。

頭皮も汗をかきやすいので毛根に汚れがたまりフケに

フケを治すためには食生活で野菜なども取るようにする

また、整髪料など使い始める時期でもあるので余計に頭皮をいためてしまう時もあります。
毎日頭髪は洗浄し綺麗にすることは大切です。
また、食生活なども肉類だけではなく野菜なども多くとるようにすることもフケ防止にも繋がります。
食生活も大きく関わりやすいからです。

ただ、1日何度も洗浄してしまうと皮膚を傷つけてしまったり、油分がなくなり乾燥しすぎてしまい、皮膚がとれやすくなることもあるので注意は必要です。
濡れたタオルなどで優しく頭皮を拭いてあげるだけでも衛生面でも大きく変わり、フケが発生しにくくなります。
また、シャンプーなども思春期は体質が変わってくるため、あまり皮膚に刺激を与えない物を選び、使用すると良いでしょう。
特にアトピーなどお持ちの方は油分が無くなりすぎてしまわないような物を選んだり、逆に油分が多い猫っ毛のタイプの人なら油分を抑えるシャンプーなど選び使用して下さい。