フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
フケにならないための対策をしよう

男性は女性に比べ、脂も多く、生活が雑であったり、スキンケアの意識や食事や洗髪などもおざなりにしてしまいがちだと思います。男性向けのフケの対策についてみていきましょう。

男性に多いフケのタイプの対策

髪や頭皮のトラブルを抱えている人は多いですが、フケが多いことで悩んでいる人も多くなっています。
肩にフケがかかっていたり、髪に白いものが目立つとどうしても不潔な印象を与えてしまうこととなりますのでやはり改善はしておきたいところです。
そして改善していくために、なぜフケが多く出るのか?という理由を知ることも大切です。

男性に多いフケ症の理由は不潔であるということが多い

洗髪が面倒だからと何日も洗わなかったり、洗っている場合でも簡単に洗髪を済ませてしまっている場合は汚れや皮脂がしっかり落とせなくなってしまいます。
改善していくためには、まずは洗髪はきちんと行いましょう。
爪を立てて洗ったりすることも良くありませんので、指の腹で丁寧に洗い、シャンプー剤が頭皮に残ったりしないよう丁寧に洗い流しておきます。
シャンプーは頭皮の質に合うものを選ぶこと、フケ対策のものを選んでおくこともおすすめです。

そして、男性の場合は脂性という人も多く、その場合は大きめのベタッとした感じのフケが発生しやすくなります。
乾燥性のフケは細かく、さらさらしているのが特徴ですので、まずは自分がどんなタイプのフケ症であるのかを確認しておきましょう。
乾燥性と脂症の場合は改善策もかなり違ってきますので、タイプをきちんと確認しておくことが大切です。

脂性の人の場合は脂漏性皮膚炎になりやすい傾向にあり地肌が炎症を起こし赤くなったり、かゆみも伴いやすくなります。
頭皮や皮膚にはマラセチアと呼ばれる常在菌がいますが、皮脂を餌にしていますので皮脂の分泌が増えると急激に増殖してしまう傾向にあります。
そしてマラセチア菌が異常に繁殖してしまうとフケが増えてしまうだけではなく抜け毛も増えてしまう傾向にありますので、しっかりと対策しておくことが大切です。

マラセチアの増殖を抑える、抗真菌薬で改善

一般的には外用の塗り薬が処方され頭皮に直接つけて改善を目指していきます。
シャンプーはあまりに洗浄力の高いものは乾燥が進み、かえって皮脂が多く出てしまうこともありますので注意が必要です。
そして抗真菌薬の入ったシャンプーもありますのでこうしたシャンプーを使いたいという場合は医師に相談してみましょう。抗真菌薬配合のニゾーラルシャンプーとシャンプーで髪を洗っている男性

さらに良い改善を得るためには余計に皮脂を分泌させない努力も行っていきましょう。
仕事や人間関係などでストレスを抱えている人は多いですが、過剰なストレスがかかると男性ホルモンが多く分泌される傾向にあり、そうなると皮脂の分泌も増やしてしまうことにつながります。
それゆえストレスはうまく発散していくことも大切です。

このほかでは脂分の多い食事を避けること、紫外線に注意すること、睡眠をしっかりとること、ビタミン類を摂取することなども過剰な皮脂の分泌を抑えるのに役立ってくれます。
皮脂の分泌が正常になれば頭皮の環境も良くなり、フケが少なくなることが期待できます。