フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
フケよりも抜け毛にお悩みの方は

フケだけで悩んでいる人よりも、フケと髪の毛の両方に悩み、それよりも髪の毛の抜け毛や薄毛に悩む人も多いと思います。フケと髪の毛は密接な関係がありますので詳しく見ていきましょう。

フケと抜け毛の悩みの関連と予防

髪の毛や頭皮は再生を繰り返し、老廃物やフケを出す

髪の毛は実は生え変わっているのですが長い年数をかけて生え変わるサイクルをヘアサイクルと言います。
髪の毛はそのままにしておくと伸びてきますが、いつまでも伸びるということではありません。
一般的には4年から6年というサイクルで髪の毛は生え変わるのです。

そのヘアサイクルの中には成長期や後退期、休止期といったものがあります。
成長期というのはその名の通り髪の毛が成長を続けている期間であり、その成長期間が長ければそれだけ強く太い髪の毛が生えることになります。
しかし、いつまでも髪の毛は伸びるわけではありません。
髪の毛には栄養分も必要ですし毛根の汚れなども影響するので条件が揃わなければなかなか長期間成長をすることはありません。
髪の毛はやがて伸びる速度が遅くなってしまい後退期を迎えることになります。

後退期は髪の成長が衰えるが、抜け落ちることではない

抜け毛で悩んでいる女性

後退期を迎えると今度は髪の毛の成長が止まってしまう休止期を迎えることになります。
休止期になると成長が止まるということと毛根から次の髪の毛が生えてくる活動期に入ります。
そのため休止期になったからといってすぐに髪の毛が抜けるということでもありません。
毛根から次の髪の毛が生えてくることで生え変わることになるのです。
この髪の毛のヘアサイクルである成長期、後退期、休止期といった一連のサイクルで皮脂などの老廃物がでてくることにもなるのです。
このヘアサイクルが全ての髪の毛で起こっていることになり、頭皮はきれいにしておかなければこの皮脂によって汚れ、臭いやフケのもとになるのです。

結果的に毛根が皮脂などで詰まってしまうと抜け毛の原因にもなってしまうのです。
もしフケと抜け毛を予防したいなら、常に頭皮をきれいにしておくようにヘアケアを行うことが大切です。
フケが多くなってきたり抜け毛が多くなってくるということは何らかの原因があるということです。
それにはヘアサイクルが大きく影響しているということにもなり、皮脂といった汚れはどうしても発生してしまうのです。
毛根の皮脂よごれが髪の毛についてしまうことにもなり、そのままにしておくと頭皮の痒みも発生してしまうので早めにヘアケアを行うなどフケと抜け毛を予防することです。