フケや抜け毛、AGAに悩んでいる方々へ

フケ対策情報サイト
フケよりも抜け毛にお悩みの方は

AGAとフケも関係があります。AGAになるといわゆる抜け毛や薄毛といった症状が出てきますが、AGAではないとしてもフケが多くあると髪の毛に悪い影響を及ぼしてしまうので改善が必要です。

AGAとフケの関連と影響

薄毛の背景に、生活習慣、頭皮の衛生状態、AGA

将来的に抜け毛がひどくなっていくのではと不安になっている男性男性の中では薄毛の悩みを抱えている人はかなり数多く存在しますが、その背景にあるものとしては生活習慣、頭皮の衛生状態の悪化、それにAGAといった内容が挙げられます。
その中でもAGAは近年、非常に注目を集めている病気であり、これを治すことによって薄毛を改善できることも可能として、その根本的な解明に期待が集まっています。

そのメカニズムは少し込み入っています。
まずは精巣で作りだされる男性ホルモンが体全体を巡る中で頭皮にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素と巡り合って互いに反応を起こしDHTという物質を作りだします。
このDHTを毛乳頭の感知機能が察知するとすぐさま栄養分の補給をストップさせ、毛母細胞の細胞分裂の頻度が減少。
これによって成長期にあった頭髪でも栄養分の補給がストップし退行期や休止期を迎え、頭髪が薄くなってしまうのです。

そもそもこの発症には遺伝が強く関係していると言われ、父親が薄毛の場合にその息子も傾向を受け継ぐというパターンもあれば、一方で母方の遺伝子で毛乳頭におけるDHTの感知機能が強まる情報を受け継ぐことでその男の子が成人するとAGAを発症してしまうパターンもあります。
特に重要なのは母方の祖父や、母の男兄弟たちであり、彼らに薄毛の人がいれば本人もまた同じ状態に陥る可能性が濃厚といえるでしょう。

AGA発症のメカニズムとフケの関係性とは

これまで見てきたように、まずはこの症状は遺伝などの作用によって頭髪の成長サイクルが大きく乱れてしまう状態をいいますので基本的には直接的に結びついているということはありません。
ただし、間接的には何らかの結びつきが起こりうる場合もあるので注意が必要です。

例えばフケが発症する場合には乾性と脂性がありますが、前者だと皮膚炎や季節の変わり目、あるいはアレルギーなどの反応によって肌が極度の乾燥状態に陥ってしまうことで頭皮がボロボロと剥がれ落ちてしまいます。
後者は頭皮から多くの皮脂が分泌されることで頭皮のバランスが崩れてターンオーバーのリズムが崩れて角質が崩れ落ちてしまうことになります。

とりわけ皮脂がフケを生み出す場合、男性ホルモンが関わっている場合があります。
脂っこいものばかりの食生活やストレス、過労、ニコチンやアルコールの過剰摂取などでホルモンバランスが崩れると頭皮に皮脂が大量に分泌し、それがきっかけとなってフケが生じる場合もあります。
そしてAGAもまた、男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応しあって生じる病気なので、このホルモンバランスに関して互いに密接な関係が生まれていることもありえます。

また、皮脂によってフケが生じるという状態は毛穴詰まりを加速させ薄毛を助長します。
さらにそこにAGAによる体内環境が加わることで相乗効果を引き起こし、より一層、頭髪の成長サイクルの乱れへと陥っていくこととなります。
これらの薄毛を改善する意味でも、病院などでAGAを治すと共にフケが出ないようにしっかりケアするのも重要な意味を持つでしょう。